Vゾーン施術時の紙パンツに緊張した日。

うで毛&すね毛、そして脇毛の永久脱毛をした私は、

すっかり毛の無いつるつる肌に味をしめました。

 

毛が無いってこんなに快適なんだ~♪

脱毛サロンにもすっかり慣れた気分で、Vゾーンも追加する事にしましたが、

場所が場所だけに、ちょっと緊張します。

 

でも、ブラジリアンワックスできわどいとこまでやるわけじゃなし、

完全無毛のハイジニーナ脱毛でもない。

ちょっと整えるだけだもん、大丈夫!と自分に言い聞かせて、

ミュゼに出向きました。

 

実は完全に契約する前に、一度バースデーチケットを使って、お試しV脱毛をする事に。

どんな調子か様子見しようってわけです。

 

サロンにはもう慣れっこでも、Vラインは初。

こちらに履き替えてくださいね、と用意されてるのは紙パンツ。

ピンクの、布部分がスライドするタイプのショーツです。紙ショーツ

便利なアイテムがあるものだと密かに感心。

 

ミュゼはかなりの割合でワキとVゾーンを脱毛する方が多いので、

スタッフさんにとって、腕だろうが、ワキだろうが、Vゾーンだろうが同じ感覚みたいです。

スタッフのお姉さんも、つとめて普通の事っぽく平然としてくれるので、

恥ずかしさは控えめ。

そこら辺の気遣いって大事ですよね。 嬉しいです。

 

お手入れ知らずの私のデリケートエリアは自由気ままに生えてます。

今まで特に自己処理もしてこなかったので、フサフサもいいところです。

しかし、極端に広範囲なわけでもなく、過激な水着を着る予定もとりあえずない。

 

角度はどうしますか?と聞かれました。

か、かくど・・・。

 

本当は下処理していかねばならなかったのですが、どの程度処理するのかわからず、

そのまま行ったので、シェーバーで剃らねばなりません。

Vゾーンにそれ専用のテンプレートがあって、それをあてて、数パターンあるうちから、

広くもない、かといって、狭すぎない、当たり障りない角度を選びました。

 

紙パンツに履き替え、スタッフさんを待ちます。

わ~すごいわ~ カーテンみたいにスライドして、Tフロントになりました(笑)

 

脇の脱毛と同じ感じに、ジェルを塗り、施術、そしてクールダウン。

特にヒリヒリする事もなく、あっけなく終了しました。

パチッと光線を照射する時は、脇の毛より濃いので、ピリッとはしますが、

そんなに密集してる方じゃないので、痛みもさほどじゃありませんでした。

 

Vゾーンは思ったよりいろんな意味で簡単です。

ハードルもさほど高くないので、そんなに勇気出さなくても大丈夫!

今、ワキとセット料金のコースもかなり安く出てますよね。

気になる方はためらう必要なし。   早めにGO!がオススメです。(実感)

Comments are closed.