生き残りのしぶとさにムダ毛の奥深さを感じる日。

私がひじ下、ひざ下の永久脱毛をして、もう10年以上が経過します。

実質、途中で引っ越ししてしまったので、実質一年半しか通えませんでした。

確か8回くらいでしょうか。

毛周期100%完了とは言えないながらも、その当時表面に出ていた毛は、

かなりの割合で処理できたと思います。

その後、なかなかそのサロンに行けず、ずっと放置してますが、

とりあえず、97%の毛はもう死滅したようで、日常生活でムダ毛処理を必要とする事はありません。

自分が毛深くて、散々ムダ毛に悩まされてきた事すら忘れそうです。

 

しかし。

 

97%と書きました。  100%ではありません。

その3%が、私が毛深かった頃の名残として、時々当時の悪夢を思い出させます。

この3%、全てうぶ毛って話じゃありません。

一年半のプラズマ照射をずっと皮下に潜伏してくぐり抜けた強者達です。

 

毛

 

つるつるの肌の中に、ヒョロヒョロっと残る、当時の長さの毛。

数本しか生えてないけど、それがそこそこ長くて、そこそこ太い。

本当にしぶといわ!

 

 

これを見る度、「ああ、私の手脚って、こんな毛がワサワサ生えてったんだわ・・・こわー!」と、

過去の苦しみを思い知らされるのです。

手脚の毛の毛周期は、三ヶ月から半年と言われます。

そして、表皮上に出ている毛は、全体の3分の1らしいので、

私の毛、一年半通えば、ほぼ全滅のはず。  ほぼ。

どうやってプラズマ照射をくぐり抜けたのか謎ですが、生き残ってます。

 

次にこいつをやっつけてやれる日はいつなのか。

困ってもいないけど、ちょっと目障り。

ムダ毛ってホントしぶといわ~と思いつつ、ちゃんと処理された毛は

10年以上たっても生えてこないという事は証明されたって事ですよね。

立派立派、永久脱毛。

発明した人、ノーベル美容賞あげたいです。(無いですけど)

Comments are closed.