「ムダ毛が無くなる」=「毛穴が見えなくなる」じゃなかった日。

指毛の存在って、女子としてNGじゃないですか。

私、恥ずかしながら、目立つほどじゃないながらも、ちょっと生えてました。

差し出した手や甲にムダ毛って切ないので、剃ってましたけど。

 

その毛のせいで、手の甲と指の毛穴がちょっと目立つ気がしてました。

手毛穴感のないすべすべの肌に憧れてました。

細く長い指、白く薄い甲。美女のオプションです。
その手にはもちろんムダ毛なんて無いに決まってます。

 

私の手は色白は程遠く、逆に色黒にムダ毛をカバーしてもらってたくらいです。

それでも、やはり毛穴の見えない白くほっそりとした手指に憧れており、

「きっとこの毛穴は永久脱毛したら見えなくなるんだわ」と勝手に思い込んでおりました。

 

私の脱毛コースは、肘下、膝下という事で、手足の指毛まで入ってます。

「ああ、これで私の手も美女の手になるのね」と楽しみにしてました。

 

永久脱毛の回数を重ねる事、数回。

手の甲の毛は比較的細めなので、すべて無くなるのは時間がかかります。

しかし、やはり次第に毛は少なく、薄くなっていきました。

 

やった!もう毛穴は見えない・・・・

あら?見える。 やっぱり見える(泣)

 

そうなのね。やっぱりそうなんですね。

毛が無くなった事で多少は目立たなくなりましたが、見えなくはならないんですね。

 

哀しい事実に気付きました。

手の毛穴感は、ムダ毛だけの問題じゃなく、元々の私の毛穴が大きいって事みたいです・・・。

 

そうか~ やっぱりそうか~ 薄々気付いてはいたんですよ。

私、ちょっと毛穴目立つ体質かなって・・・

 

ムダ毛がなくなれば全て解決すると思ったら大間違いでした。

女の悩みは尽きることなく溢れる泉。

毛がなくなったら次は毛穴ですか・・・・。

 

本当に、こんなに毛関係で悩み続ける事になるなんて・・・  もう飽きました。

私も毛で悩まない女に生まれたかった。

もしも、スタイルも良くて、頭も良い美女がいたら、せめて毛深くあって欲しいと願う私は、

スタイルもイマイチ、頭も普通、顔も庶民的な、非常に心の狭い残念な女です(笑)

 

Comments are closed.